首の皺は特に年齢が現れやすい場所!毎日こまめにケアを

首は特に年齢が現れやすい場所です。化粧をすれば顔の皺やシミはある程度隠すことが出来ますが、首の皺は隠すのが難しいですよね。

 

女性らしい鎖骨の見えるデザインの服を着たり、髪をアップにまとめると自ずと首元がよく見えます。
今回はいつまでも若々しい首元でいるために気を付けることについてご説明します。

 

首の皺を皺を出来るだけ作らないようにするために気を付けることは二つあります。
まず一つ目は首を十分に保湿することです。

 

乾燥は皺の原因になります。そのためお風呂上りや乾燥を感じた際には首までしっかり保湿しましょう。

 

特に乾燥しやすい冬場の外出時やエアコンの効いた場所に長時間いる場合は、マフラーやストールを使用し首元を乾燥から守るのも効果的です。

 

首が乾燥すると痒みを伴い、掻いてしまうこともあるかもしれません。掻くことで肌が傷つき皺の原因になるため、保湿を十分していても痒みがある場合には皮膚科で診察を受けましょう。

 

首の皺を作らないために二つ目に気を付けることは、皺の原因になる体勢を長時間続けないことです。

 

就寝時に使う枕の高さは人それぞれですが、あまり高い枕を使っていると、首に皺がよった状態で眠ることになります。
皺は一度ついてしまうとなかなか元に戻すことが出来ないため、枕の高さには注意が必要です。

 

首に皺が出来にくい低めのものを選ぶか、もしくは折りたたんだフェイスタオルを枕代わりに使用することもお勧めです。
また、近年スマートフォンが普及し、スマートフォンを長時間使用することも増えてきました。

 

うつむき加減でスマートフォンの画面を見つめていると首に皺が出来る原因になります。
目線を上げて、首をまっすぐした状態で操作するよう心掛けましょう。

 

いつまでも若々しくいるためには皺は大敵です。

 

保湿と姿勢を正しく保つことが首の皺を防止するために効果的です。首の皺は特に年齢が現れやすい場所でもあるため毎日こまめにケアしましょう。

 

 

 

 

 

"