しわ予防は保湿が一番大切なので、水分補給が必要

年を取ると、肌は乾燥しやすくなり顔の筋肉も徐々に衰えるので皮膚はたるみその影響でしわが出来やすくなります。

 

最初はごく浅いしわだったものが、年齢を重ねるにつれ深いしわになっていくことが多いです。特に、目元は目尻やまぶたの下、口元はほうれい線や唇の上下に細かいしわが出来やすいです。
しわは、見た目の年齢を左右する重要なポイントなので出来るだけないほうが若く見られます。

 

しわを防ぐには、保湿が一番大切なので水分補給が必要になります。肌にとっての水分補給がまず一番大事なので、浸透力の高い化粧水を使ってこまめに保湿する必要があります。

 

朝晩の基本的なスキンケア以外でも、肌の乾燥を感じた時にすぐに塗ったり化粧の上からでもこまめに化粧水を吹きかけて常に保湿出来る環境があると乾燥しにくく潤いのある肌を維持することが出来ます。

 

同時に、内側からの水分補給も重要なので一日1.5リットルから2リットルを目安にこまめに水分を取るようにすると良いでしょう。

 

水分は、複数回に分けて一日のうちで少しずつ何度も飲むことがポイントになります。

 

水またはお茶を飲むことで、内側から水分補給が出来て外からも化粧水で保湿が出来るとしわの改善や予防にも良く若々しい肌を維持することが可能です。

 

浸透力が高い化粧水を使った後は、なるべく水分が逃げて行かないようにクリームやオイルなどで蓋をするような感じで水分を閉じ込めることも大切です。

 

特に、夜寝ている間は肌からの水分が外に逃げやすいので水分を閉じ込めることが出来ていないと朝起きた時に乾燥を感じやすくなります。夜に基本的なスキンケアをした後は、必ずクリームやオイルを就寝前に塗るようにすると上手く保湿されて翌朝の肌が変わるでしょう。

 

こまめな水分補給、内側からと外側からの保湿を心がけていくことで年齢に負けないしわのない美肌を手に入れることが出来ます。

 

十分な保湿を行っていくというシンプルなケアを繰り返し続けていくことで、誰でも美肌になることが出来ます。