食べ物からエイジングケアを行う、老化対策に良い食品

今やアンチエイジングは女性だけでなく男性からの関心ともなりつつあるほど、注目度の高いキーワードです。

 

ところで、みなさんは化粧品や美容アイテムだけでエイジングケアを行っていませんか?確かにそれらを使用するのも大切ですが、肌とは、突き詰めれば一つの細胞ですから、まず身体の内部から整えていくことが重要です。
ここでは、食べ物からエイジングケアを行うという観点で、老化対策に良い食品について解説していきたいと思います。

 

老化予防に良い食品

 

老化予防に効果があるとされているのは、ビタミンE・C、カロテノイド、ポリフェノールなど、いわゆる抗酸化物質を含む食材です。

 

ビタミンEを含むのはアーモンド、アボカド、カボチャなどで、ビタミンCはレモン、グレープフルーツ、みかん、柿、キウイなどが代表です。
カロテノイドを含む食品の代表は、リコピンで有名なトマト。またαカロテン、βカロテンをともに含むにんじん、カボチャのほか、しそやブロッコリー、鮭などがおすすめです。
ポリフェノールを含む食品は、カテキン・タンニンを含むお茶、コーヒー、大豆イソフラボン、りんごなどです。ブルーベリーやいちごなどベリー類も強いです。

 

このほかセサミン、ゴマグリナリンなど老化防止に良い成分を持つ黒ごまなども効果的です。

 

老化予防に悪い食品

 

老化防止に役立つ食べ物もあれば、そうでないものもあります。例えば老化の原因の一つである高血糖などは、食品が強く影響しています。
以下に、老化予防に悪い食べ物を挙げたのでチェックしましょう。

 

  • 炭水化物……過剰摂取の場合、血糖値に影響する。
  • ホットケーキ、クッキー……老化を進める原因物質AGEが発生していると問題となる。
  • 動物性脂肪
  • 砂糖
  • 人工甘味料が含まれた缶詰、清涼飲料水

 

老化対策を行うには、これらの食品の摂取を控えめにしたほうがいいでしょう。
以上のようになりますが、注意すべきことがあり、それはアンチエイジングに良い食品を食べすぎたり、逆に悪い食品を減らしすぎたりするのは良くないということです。過ぎたるは及ばざるが如しという言葉があるように、何事もほどほどにするのが肝心なのです。